Design my life.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Original Font
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
Pompelmo




 ハンドメイドアクセサリー『Pompelmo』。
 事務所の経理さんが趣味で作っているアクセサリーが好評で、近々ワークショップを開くらしい。
 せっかくなので、しっかりと顔造りのお手伝い。
 ハンドメイドなだけあって、手作り感のある風合いにしてみました。
 周囲にちりばめられているモチーフはアクセサリーのパーツをイメージしています。
 名刺は、オーナーが女性ということもあり『マーメイド』という用紙を使用しました。
 優しいエンボス感にうっすら黄アミをしいて、ほんのりアンティーク感を演出。
 
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
BEST GAKUIN




 子どもたちの教育を30年にわたり支え続けてきたベスト学院。
 30周年を迎え、この先の未来に向けてよりブランド価値を高めるために
 新たなVIを導入しました。
 ベスト学院の30年に及ぶ豊かな実績、高い教育品質を表現し、ブランド力を高める
 カレッジ・エンブレムをモチーフとしたシンボルマーク。
 交差するペン、テキストとといった『学びの象徴』と、『勝利と栄光のシンボル』として
 知られる月桂樹で構成し、また創業年度である『1983年』を表記することで、
 伝統豊かな=信頼できる学習塾のイメージを表現しています。
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
KOTOBUKIYA








『寿屋』。1月に仙台にOPENした新たなお店です。BAR港町食堂や気仙沼食堂の系列店で
 ございます。いつだってお酒を飲む場は、めでたく楽しい場であり、時間であってほしいと
 いうオーナーさんの想いがこもった店名です。『BAR』でもなく『居酒屋』でもなく、
『祝杯』という冠を配したのは、そんなオーナーさんの粋なはからいです。
 和文で構成したいけど、和食屋さんっぽくしたくないというオーダーを受けての
 制作でした。漢字の筆跡を残したオリジナルのフェイスにワイングラスのシルエットを
 配置しました。『寿』という文字の中には『人』という文字を忍ばせてあります。
 寿屋という、めでたく楽しい場所に集まる人。やさしく迎え入れるスタッフ。人であふれる
 場になってほしいという願いがここにつまっています。


MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
akari








 今年のJAGDA宮城地区デザイン展は『akari』。人と光の関係を見つめ直し、デザインの
 観点から自由な発想で会員たちに照明器具をデザインしていただきました。個性的な作品
 がフロアを灯してくれていてなかなか良い展示だったような気がしました。
 参加会員がもっとほしかった気もします。缶バッジも大盛況だったし、入り口のあんどんも
 高橋くんの気合いが伝わりましたわ。個人的にもおもしろい展示だったかな。
『光』って、あたりまえの存在では決してないのだと震災で感じ、無限のものではない大切
 なものであることを再認識しました。空間だけではなく、「心」を豊かにする力をもつ光。
 向き合うことにつきないデザインマテリアルです。
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
CRIETO


 東北大学病院臨床試験推進センター『CRIETO』のVIのお仕事です。
『CRIETO』とは、Clinical Research,Innovation and Education Center,Tohoku 
 University Hospitalの頭文字からできた造語ですが、創造するという意味の『create』と
 同じ発音にすることでその意味も持たせ、新しい医療技術を創造していく姿勢を
 表しています。マークコンセプトは、2つの『C』が連なったデザイン。
 これは未来医工学治療開発センター(INBEC)と治験センター、互いの『creative』が
 組み合わさり、新たな創造(create)が生まれることを表しています。
 細くしなやかなラインは、あらゆる課題に対し柔軟に対応できる万能の姿勢を
 表現しています。マーク左側の疾走する6本のラインは、東北関係大学や医療機関との連携
 により、共に躍進していく姿を現しています。
 この『CRIETO』から未来を担う新たな医療技術や解決方法が見出されるかもしれません。
 HP→http://www.crieto.hosp.tohoku.ac.jp/
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
Hotel Green Chain Sendai

 ホテルグリーンチェーンは、仙台市中心部に12店舗のチェーンを構えるビジネスホテル。
 新店舗誕生にともなうVIのリニューアルのお手伝いをさせていただきました。
 ホテル業において多大な成果をあげてきたグリーンチェーンにとって、これから先の時代を
 見据えた新たなステップが期待されます。それは、これまで築き上げてきたキャリアを地盤
 に、この先の時代のニーズにフィットしたさらなるサービスを提供すること。その精神を
 このVIが表しています。従来のマークの一部分をベースに再構築することで、これまで築き
 あげてきたキャリアを牽引する姿勢を表現しています。
 1枚の「葉」は、杜の都仙台でNo.1のホテルサービス業をめざす志を表現しています。
 ゆったりとゆらめく様なフォルムは、お客様に最上のくつろぎを提供できる環境づくりを
 めざす姿勢を表しています。
 杜の都を象徴するグリーンカラーをベースに、社員ひとり一人の情熱と暖かなサービス精神
 を表す黄金色をあしらった洗練されたデザインで、さらなる高みをめざします。
 仙台にご出張の方はぜひ、ホテルグリーンチェーンをご利用くださいませ。
 URL→http://www.bh-green.co.jp/
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
Sapporo Factory Skincare Clinic





 札幌の仕事をしたのは本当に久しぶりでした。
 サッポロファクトリー内に新しくオープンしたクリニック、
『サッポロファクトリー皮フ科・スキンケアクリニック』のロゴマークとサインの
 デザインをさせていただきました。当テナントをデザインしたのが札幌在住の建築家
 五十嵐雄祐さん。大学時代の先輩で、共にアメフトに勤しんだ仲です。
 学生時代の知人と、社会人となり共に仕事をできたことが今回の仕事において最も価値
 があったように感じます。互いに未熟だった頃しか知らなかったのに、気がつけば、
 立派に社会人しています。お互いに好きなことを仕事として日々クリエイトしている...
 相手の成長と成果を感じ、自分の成長と成果を実感できた、とても良い仕事でした。
 五十嵐さん、いつまでも札幌に行ったらいっしょにお酒をかわしましょう。

五十嵐ユースケ設計室→http://igarashiatelier.com/
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
Original Font
 久しぶりにフォントを制作してみました。
 人が直感的に認識できる境界を、若干探りつつ...な感じで制作を試みました。
 けっこういろんな使い方ができるかもしれませんね。
 しばらく使ってみようと。
 こうやってオリジナルの武器を増やしていくこともデザイナーにとって
 大切な気がしています。

 
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
気仙沼食堂
 気仙沼ホルモンと地酒のお店「気仙沼食堂」のロゴ&名刺をデザインいたしました。
 BAR港町食堂の系列店で、同じく気仙沼出身のオーナーさんが、震災後に立ち上げた
 お店です。売り上げの2%を気仙沼に寄付しています。地元の食材を使用した隠れ家的な
 お店です。もう知る人は知っている感じでしょう。
 是非おたちよりくださいませ。

 気仙沼食堂
 宮城県仙台市青葉区一番町四丁目5-19東一市場内 
MARK/CI/LOGOTYPE comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>